スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国ラーメン紀行② ★和歌山~井出商店★

井出商店4


先日スタートした全国ラーメン紀行。 さてさて第二弾は和歌山

「井出商店」

井出000
90年代後半、ラーメン史上最大のムーブメントとなった「ご当地ラーメンブーム」。

新横浜のラーメン博物館に出店し、1日約900杯のラーメンを売り上げるという、前代未聞の記録を打ち立て、和歌山ラーメンの存在を一気に広めた立役者となったのがこの井出商店。

和歌山では「ラーメン」とはインスタントラーメンをイメージするものらしく、これと区別するためにお店で食べるようなラーメンのことを「中華そば」と呼ぶそうです。

元々和歌山で数多く存在した中華そばは、あっさり澄んだ醤油スープ。
井出商店も始めはこの澄んだスープを作っていたそうですが、ある時偶然に強火で炊きすぎてしまったために濁ってしまった、本来は失敗のはずのスープ。
でもこれが世間では大ヒット!これが井出商店のブレークのきっかけとなったそうです。


前置きはこれくらいにして、本題へ参りましょう。
和歌山に新しい革命をもたらしたラーメン、作り始めるとその時点から驚かされます。

普通ラーメンダレはお湯を注ぐだけで簡単に溶けるんですが、
このラーメンのタレはネットリとした粘土のような塊
溶くのに一番苦労して出来上がったラーメンがこちら!

井出

それはもう見た目からドロドロで濃厚さたっぷり!!!ポタージュスープみたい!

井出商店の一番の特徴はこのスープにあるらしくて・・・
”豚骨を強火で長時間炊き込む事で、骨の髄からゼラチンが溶けだし、スープと脂を乳化させる。
そしてこの豚骨ベースにチャーシューを煮込んだ醤油で味付けするというスープ。”


井出2
スープにれんげですくえばトロ~っと…
一口…
濃いーーーー!!!でも・・・

まろやか~~!!!
飲み口は確かにこってりしていて重さを感じますが、後味はさっぱり!

醤油ダレは醤油のカドが取れて、タレではなくダシのように旨味が広がる深みたっぷり★
醤油の香りも食欲倍増効果アリ!



井出商店3
そして麺は福岡よりやや細めのストレート麺。
記載どおりの茹で加減で柔らかめですが、プリッと弾力があってグイグイ絡んでくる濃厚なスープにもだれることなく、意外とマッチしてます。


スッキリした後味で食べ進めれるんですが、食べ終わればズシリと胃に重々しさもくるという、満足感のある一杯。



このラーメンで一番に感じたのは、醤油の使い方がすごくうまいなと思います。
醤油の香りで豚骨の臭みも消え、濃厚な豚骨出汁と濃厚な醤油ダレが織り成す絶妙のバランス。

うーん、和歌山にこんなラーメンがあっただなんて!


和歌山ラーメン井出商店2食入り(豚骨醤油)

さてさて次は第3弾へ続く~~
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。