スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野の庵~百余年の時を経て蘇った庄屋の家~

今回のグルメドライブのメイン!!

久留米と佐賀の中間ほどにある河川やクリークが網目状に巡る田園地帯、
”三養基郡みやき町”。
大通りから立て看板を目印に細い道に入って行くと今回のお店があります。

「筑紫茶寮 野の庵」MAP


野3
築100年以上も前の古民家を改造し、そのまま食事処にした創作料理のお店です。

「ゆっくりと雰囲気と料理を味わっていただきたい」というオーナーの思いから完全予約制です。



梅雨に入り、この日も雨だったんですが、しっとりと雨に濡れた御苑は、滴るばかりの緑一色。
雨で美しさを増す梅雨の花、緑に囲まれた細い歩道をくぐって入り口へ。

庭2 庭


季節の移ろいを楽しめる日本庭園、お座敷のある大きな欄間、やわらかな灯りの演出に、随所に設けられた古民具・・・。

野 野2

「昭和初期の古きよき時代」を連想させるかのように全てがうまく溶け込んでます。

この最高のロケーションの中で味わう料理は、一流ホテルでキャリアを重ねてきた料理長の和洋織り交ぜたコース。

お昼は1575円、2100円、3150円の3種類。
食前酒・前菜・刺身カルパッチョ風・煮物・鶏肉料理・ご飯・汁物・香の物・デザート・炭焼珈琲がベースの1575円。
これに小鉢、スープがつき、鶏が魚料理になって2100円、牛肉料理になれば3150円。

今回は4人で1575円の”田園”と2100円の”野遊び”をそれぞれ2つずつ。

まずは前菜。
左が田園、右が野遊び。ちなみに食前酒もついてます。

前菜2 前菜



続いて両コースにつく刺身カルパッチョ風。
この日は鯛。

野6

カルパッチョと言ってもオリーブオイルの油っぽさは全くなく純和風の味つけで、鯛の新鮮さがストレートに味わえます。
すっきりした酸味に大粒のマスタードがピリッと効いて、大人向きの味!

そして煮物にスープ(野遊びのみ)。
煮物は「筍だんご」にスープは「玉ねぎスープ」。

の0 の00

筍だんごには何とつなぎに里芋が!
ふわふわで箸がスーッと通るほど柔らかくて、筍の優しい香りがふんわり香る~♪
里芋のやさしい風味と鶏ひき肉の旨みが溶け合って・・・もう体までとろ~ん・・・
筍の存在を食感としてではなく、風味や香りで出すという使い方は何とも上品★

玉ねぎスープも、うすーーい味付けで玉ねぎのみのシンプルスープ。
スープのもとに頼らない玉ねぎの甘みだけのスープが何ともじんわり体に染みます。


そして”野遊び”だけにつく小鉢。
「ピーナッツ豆腐」

野8
ん~すごく濃厚なピーナツの風味!!
香ばしく甘い香りが鼻にスーッと抜けていきます。
そしてこの独特の食感がまた最高。
ねっとり、もっちり、ぷるぷる。

これにみたらし団子のような甘いタレが絶妙でピーナッツをしっかり引き立ててる!
これはデザートに食べたい感じ!




そしてメイン、田園(1575円)の鶏肉料理。
「鶏肉の狩人風煮込み(トマト煮込み)」

メイン4 メイン5

いったん焼かれた鶏肉は香ばしさ満点!箸で切れるほど柔らかいのに、程よい弾力!
これにあっさりやさしいトマトの甘みに、ほんのりワインビネガーの酸味に鶏から溶けだした肉汁が合わさったソースがまた絶妙~♪

パンにつけて食べるとこれがまた美味しくて美味しくて、パナセで買ったパンをココで出そうかと思ったほど(笑)


続いて野の花(2100円)の魚料理。
「スギの梅肉マヨネーズ焼き」

メイン メイン2
スギって初めて食べたんですが、上品で淡白な味なのに固くてしっかりした身!
かんぱちに近い感じかな。

梅マヨと梅ソースのダブルの梅風味!!
ちょっと酸っぱい梅マヨネーズがこの淡白なスギによく合う!
下の梅ソースとあわせて食べれば一層さっぱり★


ここでご飯、味噌汁、お漬物。 ご飯はお替り自由です。

野11
ご飯の上に乗ってる「蕗の佃煮」がめちゃウマい!!
独特の香りとほろ苦い味がしっかり残ってて、ホカホカのご飯に合う合う!!

なめこなど具沢山の味噌汁。
メインと一緒に食べるはずがこの3点セットだけで食べてしまうほど美味しかった★



〆はデザート、炭焼珈琲。
野12
炭焼のすっきりとした苦味と、厚みのある味わいでホッと落ち着く食後のひととき。



ここの料理全てに共通して感じたのは、どれもうすーい味付け、でもそれはただ薄いんじゃなくて、素材の味を生かすための薄味。
調味料に頼らず、素材の持ち味が存分に感じれる一品一品。
これにお店の落ち着いた雰囲気のおかげで、一層料理に集中してじっくり味わえます。


この空間の中で、この料理、1500円、2000円は安いですよ!
大事な人との食事や、ちょっとしたお祝い事にも最適のお店ですね。

野の庵『筑紫野茶寮 野の庵』
住所 佐賀県三養基郡みやき町西島2910-3
電話 0942-96-3051
営業時間 12:00~14:00 17:30~20:00
休日 月曜
※完全予約制なので行かれる際はお電話を!

野の庵 (懐石・会席料理 / 大善寺)
★★★★ 4.0





関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。