スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里味庵① ~自然と職人技が織り成す情熱の十割蕎麦~

里味11

今回の佐賀県唐津の七山~福岡県前原方面への~グルメドライブ~zoomzoom002
この日一番の目的、佐賀県唐津七山へ!

「里味庵 (さとみあん)」


里味00
epiの郊外グルメ特集にも載っててどんどん人気が出てきてるお店です。

佐賀県七山村の山間の集落の一角にあり、険しい山間部の傾斜を登ってようやく到着。

店は古民家風で開放的な畳張りの広い部屋で縁側からは背振山系の絶景が一望できます。

里味2 里味3

この日は雨だったので残念ながら、もやがかかってますが晴れの日はホント絶景だそうです。

ここの大将は蕎麦への情熱が並外れた方で、蕎麦の実を選ぶ段階から客の目の前に出すまでの全ての工程を自らの手で行うのはもちろん気に入らない蕎麦は出さないそうです。

通常メニューはこちら

普通は十割手打ち蕎麦と蕎麦がきがついたそばがきセット(1500円)が一番出るセットらしいですが、この日は、
大将にすべてお任せのフルコースふるーつ☆Cultivation・笑(小)

まずは掻い餅(かいもち)鍋2~3人前 (通常は1人前1500円)

里味4

”かいもち”とはそば粉をお湯で練ったものでこのお店では100%蕎麦粉です。
手前の細長い俵状のものがその搔い餅ですが、蕎麦粉だけとは思えないくらいふっくら柔らかくて、食べるともっちもちの食感の後に蕎麦の香りが口中に広がりますうふ

他にも手作り肉団子やきのこ類、たっぷりお野菜から染み出た旨みタップリの出汁が美味しいこと美味しいこと!!


ひとまず鍋のスープは取っておいて、季節野菜の天ぷら
里味5
つくし、椿、ワラビ、雪の下、花カリフラワー、菜の花と珍しいものから椎茸、アスパラ、葱まで・・・

天ぷらにすることで春の山菜や野草独特の風味は保たれたまま、食べると口の中に広がる鮮烈な春の香りjumee☆spring



そして大将さんから呼ばれて裏に行ってみると・・・
手打ちうどんの実演!
普通の搔い餅鍋ではない「うどん」を特別に打ってくれました。

里味6 里味7

里味8
グツグツ一煮立ちさせて・・・
普通のうどんとは違ってほうとうのような平麺でこれが半端なく長い…

もちっとしてコシが強い麺は普通のうどんよりはるかに食べ応えもあります!



またまた裏を覗きに行くと…
次はメインの蕎麦の手打ちの実演!
大将さんの目の色が変わって、真剣なまなざし、張り詰めた緊張感・・・

里味9 里味10

蕎麦を打ったらすぐ茹で、しっかり冷水でしめる!

まさに挽きたて打ちたて茹でたての大将の真髄、十割手打ち蕎麦が登場!

里味11

七山の絶景をバックに光り輝く蕎麦のこれ以上ないコントラストBrilliant
つゆは辛口と甘口のどちらかを選ぶんですが、特別に両方出してもらいました。

まずは何もつけずにそのまま・・・ほわ~、そばばばバーン爆弾爆弾爆弾
野趣あふれる香り、つなぎなし独特の弾力、黒の粒を感じるゴツゴツした食感・・・全てがもはや芸術的・・・

つゆは出汁の味を前面に出しながらも、蕎麦の香りと引き立て合う。いや~、これも旨い。

そして珍しい食べ方で”塩”でも頂く。
つゆはつゆで十分蕎麦の良さを引き出していますが、塩はそれ以上にこの蕎麦の特徴ある個性をググっと引き出してくれます。
シンプルさゆえ、蕎麦自体の味がよくないとこんな食べ方できないので大将の蕎麦への自信がひしひしと伝わってきました。

十割蕎麦はモサモサする、ぶつぶつ切れるっていうイメージがありましたが見事に打ち消されました汗;

里味13
蕎麦を味わった後は蕎麦ならではのおまけ的楽しみ♪
つゆを蕎麦湯で割って頂きます。

つゆにどろっとした濃厚な蕎麦湯を入れるとそれはもう蕎麦湯のポタージュスープのようぽっ
旨味がたっぷりのつゆに蕎麦湯が、しみじみ、ほっとする味わい~♪




里味14最後はそばがきとそばぜんざい!

山葵はそばの方は七山産、そばがきの方は長野産と使い分けてて底知れないこだわりを感じます。

二つとも見た目はほとんど同じなのにそれぞれ合うようにそばがきの味や食感がまったく違うんです。

ザラつきがありふわふわのそばがきに、滑らかでもっちもちのそばがきぜんざい。

蕎麦ってホント奥が深い深い・・・最初から最後まで感動のオンパレード…
人生で一度にこんなに蕎麦を食べたのは初めてです。

正直蕎麦をなめてた自分にとってこの”蕎麦の深さ”は衝撃でした。

蕎麦は切り方によって、風味や食感、喉越しが全く違うそうで、お客さんの好みに応じて作ってくれるので同じ蕎麦でも色んな違いが楽しめます!

何故蕎麦にここまで情熱を注ぐのか?そんな疑問も食べ終わる頃には納得へ。
都会から隔絶した山間部ならではの穏やかな静寂の中、聞こえるのは虫の声とせせらぎのみ。
この空間も蕎麦の美味しさを引き立てる一つの要素なんでしょうね。




『里味庵』
住所 佐賀県唐津市七山白木414    電話 0955-58-2261
営業時間 10:00~20:00    休日 不定休

里味庵 そば(蕎麦) / 唐津市その他)

昼総合点★★★★★ 5.0

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。