スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料亭・旅館 三川屋 ~ 大川発!天然、「旅出しうなぎ」。 ~

地元、福岡県大川市。

大川市の名物食材と言えば、魚の「エツ」が挙げられますが、
最近新たな新名物として大きく売り出されてるのがあります。


『大川・旅出しうなぎ』

有明海と筑後川の恵みを受けて、大川で獲れた天然うなぎです。

お隣の柳川がうなぎと言えば有名ですが、今ではほとんどが養殖うなぎ。
そんな中、旅出しうなぎでこだわるのは“天然”!




三川屋天然うなぎ0




旅出しうなぎが食べれるお店は、大川で数店ありますが、こちらへ。

「料亭・旅館 三川屋」MAP

三川屋さんでは、このうなぎを一層広めるべく、いろんなアイデア料理を考えられてます。

写真の料理もその一つです。

さて、養殖うなぎに食べ慣れた自分ですが、
正直、冗談抜きで、天然うなぎの美味しさには度肝抜かれました!!
早速「旅出しうなぎ」メニュー。
他の料理は、ホームページをご覧ください




三川屋天然うなぎ5




パッと見は、他店より高いかなと思ってしまいます。

でもでも、このうなぎは天然です、ここは違ってくるでしょ!

さて、名前の由来ですが・・・
天然うなぎは、江戸時代からこの地方の特産品として、他領に移出され、
領外に移出することを「旅出し」と称していたことから、「旅出しうなぎ」と名付けられたそうです。



今回は、かなり思い切りました!

男二人で、コースなどではなく、ガッツリ天然うなぎを単品で攻め倒します!

まずは前菜をいただいて・・・



三川屋天然うなぎ01





“天然うなぎ白焼き”(4,000円)



三川屋天然うなぎ



うなぎ本来の味が一番わかる白焼き。


これが、自分には革命的な刺激が脳天を駆け巡ります!

身は肉厚でふっくらと、噛めばその弾力の心地よさ。
そして、口に広がるジューシーながら澄んだようなクリアな旨味。



三川屋天然うなぎ2



まずはそのまま、そしてわさび醤油やポン酢で。

口に運ぶたびに香ばしい香りに鼻くすぐられ、広がる旨味に顔が緩みます♪




そして、“天然うなぎ蒲焼”(4,000円)



三川屋天然うなぎ3



こちらも持ち味を十分に発揮してきます!



三川屋天然うなぎ4



うなぎ自体も、タレもさっぱりしてるのに、
不思議なほどに口の中が重厚な旨味に占領されるのです。

これがうなぎなの?!と一瞬疑問に思ってしまうくらいに、
普段食べ慣れたうなぎとは確実に別格です。

これは酒飲みにはたまらなく進む、贅沢なアテです(笑)




そして、ここからはアレンジ物。
この鍋に出てくるわけですが・・・



三川屋天然うなぎ6




“うなぎのコンフィ(オイル煮)”(1,500円)



三川屋天然うなぎ7



まず味から言いますと、何とも複雑で熟成感のある香りと旨み。

更にオリーブオイルで煮て、ほろりと崩れる柔らかい身。

味が濃いので、そのままいただくというより、
お酒やご飯、パンなどに合わせて本領発揮する逸品です。




三川屋さんのオリジナルとして作られる「うなぎのコンフィ」。



オイル煮



高級なうなぎに、更に手間と時間をかけて作られてるんです。



三川屋コンフィ



オリーブオイルに、ローズマリー、にんにく、鷹の爪などを漬け込んで熟成させられてます。

保存も効き、瓶タイプで販売もされてます。

一瓶3,000円と決して安くはないですが、高いか安いかは食べた人間だけがわかる味。

ビールや日本酒だけではなく、ワインやパンなどうなぎの楽しみ方を広げてくれそうです。




そして、ラスト!
“天然うなぎ ひつまぶし”(2,800円)



三川屋天然うなぎ8



天然うなぎを贅沢にもひつまぶしに!

せいろ蒸しが身近なこの地方であえて加えたひつまぶし。



三川屋天然うなぎ9



ネギ、ミョウガ、錦糸卵、三つ葉、のり、わさびといろんな薬味も揃ってます。

ひつまぶしの魅力は、一度で色んな楽しみ方があることです。



そのまま食べて・・・



三川屋天然うなぎ10




出汁をかけてもいただく。



三川屋天然うなぎ11



これもこれで最高に美味しいです!

でもうなぎの質がいいだけに、こうして食べるのも勿体ない気もします。




肝吸いも箸休めに。



三川屋天然うなぎ13




最後にデザートをいただきました!



三川屋天然うなぎ14



いやぁ、なんという贅沢なひと時だったか(笑)

こんなにうなぎを一度に楽しむのはこの日が人生で最初で最後かもしれません。


なお、「旅出しうなぎ」は天然うなぎなので期間限定です。
気候により前後しますが、11月末あたりまでだそうです


いつも食べれる値段ではないですが、大川の旅出しうなぎ、ぜひご賞味あれ!


『料亭旅館 三川屋』ホームページ
住所 福岡県大川市大字向島2222
電話 0944-87-3155
営業時間 11:00~22:00
休日 不定

料亭・旅館 三川屋 懐石・会席料理 / 大川市その他)
夜総合点★★★★ 4.0
昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。