スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵(くらや)   ~ 白壁・八女のこだわり十割そば ~

さて美味しいものを食べに行ったら、その途中や帰りにまた気になるお店を発見しませんか??

そんなこんなで、今『八女』を発掘中!
先日「ao cafe」に辿りつくのに迷いに迷ったおかげで(笑)

城下町から在郷町へ転じた八女地域の中心地。
八女市役所裏手の八女福島の街並みは、江戸時代に建てられた、白壁土蔵造りの町家・商家・酒蔵が現存してます。


最近食べてなかった“お蕎麦”にピーンと来て・・・



蔵や



八女市は本町。
有形文化財に指定された、酒造業を営んでいた旧木下家住宅「堺屋」の一角に。



蔵や2



明治41年建築の豪邸で、見事な離れや庭園などが一般公開され、
特に屋久杉の一枚板で作られた欄間、1000本に1本という幻の黒渋柿の柱などなどが見れるそうで・・・



そんな堺屋内にあるお蕎麦屋さん。
「八女蕎麦庵 蔵(くらや)」MAP



蔵や3



ここぞ、隠れた名店ではないでしょうか!

八女で蕎麦屋さんを開かれて、その後秋月の方に移られ、再び最近八女に戻ってこられた蕎麦屋さん。
毎日粉を挽かれ、手打ちされる本格十割そば。

これがビックリするほど安く提供されてるんです!
味のある店内が、またお蕎麦にはピッタリの空間。



蔵や00



毎朝仕込まれる作業台が入ってすぐ右手にあり、庭園を眺めるテーブル席。
13、14席はあったでしょうか。



蔵や4



蕎麦職人!という感じのご主人が一人で切り盛りされてます。



さてメニュー。
十割そば一本で、冷・温の二部構成。



蔵やメニュー



でも、こちらでお昼に頂ける超お得な“お昼の蕎麦セット”(850円)

単品蕎麦が180gに対して、「蕎麦130gに前菜4品、いなり寿司1個が付く」このセット。



二人ともこのセットを注文し、単品でこれから!
“鶏ご飯”(200円)



蔵や5



ご主人手作りの鶏ご飯は、鶏肉とごぼうがたっぷりと!

鶏とごぼうと醤油が見事に同化したこの色合い。
香りもすごーくいいです♪



早速一口・・・・



蔵や6



うーん♪♪
見た目通りではなく、かなり上品で、サッパリとクセのない味わい。

九州の甘辛い味ではなく、ガツンとくるわかりやすい美味しさでもなく、
ジワジワと食べ進めていくうちに、湧き上がってくる満足感を与えてくれるような感じです!

蕎麦の味を一番に味わうためにもこの味付けはズバリだと思います!



そして、お待ちかねの“お昼の蕎麦セット”



蔵や7



わーい♪とつい心躍っちゃいます(笑)


前菜4品は、「タコと里芋の煮物・焼き茄子のゼリー・白和え・いわしの甘露煮」。
そして、だし巻き卵といなり寿司。



蔵や9



芯までダシが染み切った柔らかい煮物。 面取りまで細かい心遣い。
トロリととろけるような焼き茄子に、ダシのジュレが夏らしいひんやり感の美味しさ。



蔵や02



素朴で豆の味重視の白和えに、唯一出来合いのいわしの甘露煮も濃い味でアクセント。



蔵や03



さすがと思わせられる、ダシ巻き卵は美しい層と優しい味わい。
じゅわりと吸いに吸った油揚げに包まれたいなり寿司も決して手抜きではない本格さ!

蕎麦を前に、とりあえずではない料理の数々に舌鼓しながら・・・・



そして、メインの“十割そば”



蔵や8



十割にして、白みがかり、この細さと美しさ。
130gと言っても十分すぎるほどの量です。



北海道産の蕎麦の実を、石臼で挽いた蕎麦。



蔵やメニュー2



かつお・めじか・さばの厚削り、昆布の出汁で取った麺つゆ。



この蕎麦には、一瞬「ん?!」とさせられました。



蔵や01



十割とは思えない、繊細さと喉越し。

かと言って二八のコシではなく、程よいコシと歯応え。

ざらざら感や蕎麦の癖を求めると少し物足りなさを覚えるけど、
蕎麦を食べてるという実感はしっかりあります!


大の十割好き!というより、普段は十割はちょっと…という方に重点を置いたような蕎麦らしさ。



最後はもちろん蕎麦湯で割って〆ます!!



蔵や04



辛すぎず、甘すぎず、節の深みが蕎麦湯で割るとふわっと舞い上がります♪

ここのつゆは個人的にかなり好みでした。



蕎麦屋って、高いイメージがある中、このセット質・量考えても安すぎます!
ご主人も手抜きの安さではなく、昼だけ無理してのギリギリの価格だそうです。



蔵や05



蕎麦は130gと言っても、並の量は十分にあります。

こだわりの蕎麦と、手抜きなしの料理。
なかなか隠れたお店だけに、個人的にはこの場で大プッシュしたいです。


さて、続いては、もう一店気になってたカフェへゴー!


『八女蕎麦庵 蔵(くらや)』
住所 福岡県八女市本町184-2    電話 0943-22-7733
営業時間 11:30~17:00 (蕎麦がなくなり次第終了)    休日 水曜

八女蕎麦庵 蔵 そば(蕎麦) / 八女市その他)

昼総合点★★★★ 4.5

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。