スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むら雲堂本舗  ~ 創業百有余年、老舗の小城羊羹 ~

さてさて、先日、あの大盛りカレーを食べた後は小城の名物を。



むら雲0


今や、日本で「羊羹のまち」と言えば、この佐賀県小城市。


小城という小さな城下町に、約20軒以上の羊羹屋さんが軒を連ねてます。


今や自然口にしてる「羊羹」という言葉ですが、
「羊羹」とは中国では「羊肉の羹(=スープ)」の意味で、古くから羊のお吸い物はご馳走だったそうで。
これが日本に伝わった頃、仏教国である日本は肉食がタブー。
そこで小豆や小麦、葛などの植物性の材料を練って蒸し、肉に見立てて汁の中に浮かべたものが、
日本に於ける羊羹の始まりと言われています。


その過程で、「汁の具としての羊羹」→「蒸し羊羹」→「煉り羊羹」と現代の羊羹に至ってるそうですよ。


羊羹の歴史や特色、店舗など今回こうして記事にすることで個人的にもとても勉強になりました。
小城羊羹に関してはこちらのサイトに詳しく乗ってますので是非☆



小城羊羹は、お土産や頂き物、そして自分で買ってと色んなお店を食べましたが、
今回はお初のお店を。

小城の町中に入れば右左至る所に羊羹のお店がありますが、今回寄ってみたのはこちら!


「むら雲堂本舗」MAP



むら雲01


一見、まだ新しい感じの外観ですが、なんとその歴史・・・

明治30年後期創業! 百有余年にわたるお店!!

店内はすごく風情のある雰囲気です。

羊羹もいろんな種類が色んな大きさで置いてあります。


むら雲4


【むら雲堂のこだわり】
「もっちり」とした触感を保つ独自の深煉の製法。 
自家製によるまろやかな餡づくり。
最高級大納言小豆をさらに手選して使用。




家庭用でも一つ一つ和紙で丁寧に包装されます。
その間待つ時間として用意されるのがこのサービス!


むら雲5


よかったらどうぞ♪って、こういう演出素敵ですね!

羊羹一切れとお茶で。

行き届いたサービスや接客も、さすが老舗だなぁ、感心してしまいます。




そして今回買って帰ったのがこちら。
全く初めてのお店なので、お店の方のおススメを選ぶのが最善策♪

こちらのお店の3本柱のセット(1,845円)。
(「むら雲羊羹」715円、「紅煉・茶煉」各565円)


むら雲00


大の羊羹好きな、母と祖父へのお土産だったんですが、ブログ用に二切れずつお裾分けを♪



まずは、看板商品の“むら雲羊羹”

昔ながらの小城羊羹の特徴は、「表面が硬く糖化してシャリ感があり、中はやわらかい」。
でもこちらの羊羹は、噛むともちーっと歯に食い込む弾力と、でも舌触りはしっとりと滑らかで♪



むら雲



中には、密に入った大納言小豆。
小豆の味と風味はさすがに最高級大納言だけありますね!

全体的にはしっかりした甘さで食べ口も重みがありますが、
本当に質のいい甘さは、スッと引くから不思議です!




そして、こし餡を入念に練り上げた“紅煉”


むら雲2


まずこの美しくて、気品がある色合い。 見た目にも高級感を漂わせる!

粗みのない極めてしっとりと滑らかな舌触り。
シンプルだけど、口に入れるともうもうウットリ♪



最後は、“茶煉”


むら雲3



この濃い緑の鮮やかさに、びっくりでしょ!
深く渋い色合いそのままに、羊羹自体の甘さの後に、渋味がふわーっと立ち上ります。

この後味の渋味と苦味の余韻は、これこそ奥深い和テイスト♪



今回六切れ一気に食べて、あっという間ですが、一食食べた分ほどの食べ応えがありました。
でも母と祖父は、残りを一日で平らげてました! (ホントビックリするくらいの甘党だからー)

高級羊羹なので、いつもは食べれないけど、たまに頂くこの贅沢。
甘さも質も、老舗の重みをたっぷり感じる味です。

むら雲6
『むら雲堂本舗』
住所 佐賀県小城市小城町蛭子町441-1
電話 0952-72-2966
営業期間 9:00~20:00
休日 不定

むら雲堂本舗 (和菓子 / 小城)
★★★★ 4.0



関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。