スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田屋    ~佐賀でコラボ! 戸畑蒸し麺~

ちゃんぽんが大好きな自分。
いろんなところで同じちゃんぽんでも千差万別なのをつくづく実感します。


今回はそんな中でも、未体験な『麺変わりなちゃんぽん』の世界★


北九州は戸畑。
“戸畑ちゃんぽん”という固有名詞があるほど有名なちゃんぽんの特徴は麺にあり!

「太いゆで麺」の一般的なちゃんぽん麺とは違った「細い蒸し麺」

新日鐵の前身である、八幡製鉄所戸畑工場で働く忙しい製鉄マンのために考案された調理の速さを重点においた逆転の発想麺。


戸畑では今や一般的なこの麺が、近場の佐賀で唯一食べれるお店があるというじゃないですか!
くーぱーさん、情報ありがとうございます♪



池田屋


佐賀は佐賀大学のそばにある、学生からも愛される庶民派食堂。

「池田屋」MAP


池田屋0


いやぁ、人気以上のこの辺りの「イエ」的存在な懐かしいお店です。

本場・北九州戸畑にある老舗田中製麺所から取り寄せられる戸畑蒸麺!

池田屋00

店内は4人がけのテーブル席が3席と、
右手にカウンター席が数席。

漫画本に新聞紙、店内全てが懐かしさそのままの学生食堂な雰囲気♪




メニュー!!


池田屋メニュー


こちらは軸のメニューであって、HPの方を見ていただければ色んなメニューが揃ってます。

ちゃんぽん、皿うどんは、普通の麺と蒸し麺が選べようになってます。




もうメニューをほとんど見ることなく、この日は決まってたこれを!

まずは“蒸し麺ちゃんぽん”(650円)。


池田屋2


たっぷりの太もやしをメインに、玉ねぎ、人参、豚肉、いんげん、かまぼこ。

定番の具ながら、やっぱり落ち着く具です。





麺の違いばかり気にしてたらその前にスープの意外さにも驚かされました!
一般的な、豚骨や鶏ガラでの出汁ではなく、昆布と数種の削り節でとった純和風。

透明感のスープに炒めラードが光るキラキラスープ。


池田屋スープ



ほわわぁ~~んっ・・・じぃぃ~~んっ。。。

インパクトとかじゃなく、ふくよかで優し~い、確かに昔懐かしい味わい♪

和風出汁に、炒められた野菜の甘み、旨み、ラードのコクも加わって複雑に交差する中、
くっきりと立った塩気のエッジで際立つ、味の輪郭。


もやしの丁寧な根きりが、またこのスープを乱さないんだろなぁ。






ご対面!! 戸畑蒸し麺!!
(見た目はチキンラーメンを少し太くした感じかな??)


池田屋麺


経験からちゃんぽん麺と呼ぶには抵抗を感じる、細く、扁平の麺。

ツルツルっ、そしてシコってます!
想像以上に硬めで、歯応えもなかなかのもの。

いやぁ、こりゃぁ初めてだ。。。独特というか個性的というか…ハマれば癖になります。



正直、始めにスープだけすすると、「塩気が強いか?!」と思い込みましたが、
麺と合わせると、そのスープの塩梅に納得!

蒸し麺を使うことで、麺がスープを吸わないので、濃厚なスープが合うんです。





そしてもう一品は“蒸し麺皿うどん”(750円)。
通常の皿うどんの細めんパリパリとは違って、蒸し麺をごま油で炒めた麺。

注文時に女将さんから、「オススメは蒸し麺皿うどんだよ~!」って言われたのがわかった



池田屋8


ちゃんぽんと具もスープのベースも同じです。

でも、蒸し麺をさらに炒める。 スープを餡にして閉じ込める!
ちゃんぽんからまた一手間かかった進化系。



麺は個人的にこっちが好き!


池田屋麺2


ごま油の香りを纏って、口に運ぶと同時に鼻に刺激。
カリッカリの香ばしい表面に、これ以上水分を吸わないムッチリ食感!


ちゃんぽんよりギュッと味が凝縮した餡が、面白いまでに絡みまくり♪



でもやっぱり、結構油がしっかりなので、少々くどさも感じます。 そこで登場がこれ!

『池田屋特製甘酢』。


池田屋9


普段から皿うどんに酢は絶対的ですが、こちらのお店特製の甘酢が劇的な変化をしてくれちゃってねぇ!!
あんたはマジシャン?!って疑いたくなるほど、さっぱりになるしそれ以上に旨くなる!!!


酸味は抑えてあるので、瓶の半分くらいかけても全然問題ナッシング♪




いやぁでもかなりお腹にたまります(笑)
実はここのカレーも気になってて一緒に食べたかったんですが、この前に「いちげん」に行ったから(爆)



おばあちゃんが作ってるのかと思いきや、今このお店を切り盛りされてるのはこのお二人。


池田屋7


先代の『中村食堂』の味と伝統を今もしっかり受け継がれてます。
これからも大いに歴史を更新されてくださいね★






最後におまけ♪ このお店独自のサービス。
池田屋000
こちらには1台しか駐車場がないんです。

でも店内にあるこの池田屋ステッカーを車のフロントガラスに置けば、
隣のマンガ倉庫の駐車場に停めれるようになるんです。

どういう関係なんだろう。



『池田屋』
住所 佐賀県佐賀市赤松町6-11
電話 0952-22-7508
営業時間 11:30~15:30、18:00~21:00
休日 木曜


池田屋 (ちゃんぽん / 佐賀、鍋島)
★★★★ 4.0


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。