スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブ・ザ・ブーズ ブラザーズ ②  ~

あー感動再びシリーズ! (っていつの間にこんなシリーズ?!)

この日は大切なお友達を連れて・・・佐賀は鳥栖市

気づいてみればあれからもう1年半も過ぎてたんだなぁ。


ブラザー0


「パブ・ザ・ブーズ・ブラザーズ」

前回の記事


夜はバーですが、ランチにもいただける本格ピッツァ!

グリーン一色の外観から、満点に伝わってくるムーディさ!



ブラザー000


イタリア産の粉、塩、ホールトマトを使い、イタリア直輸入の石薪窯で焼くナポリ風ピッツァ。
また全ての料理、化学調味料不使用で、旬と鮮度を大切に、地元産野菜を使うというこだわり。


胸躍らせていざ入店♪

こちらは夜はバブ(居酒屋バー)になりますが、ランチタイムのランチはものすごい人気ぶり!
薄暗い店内には、しっとりと大人のムードたっぷり!


ブラザー00


予め予約で席は確保してましたが、日によっては開店直後から満席になるほどだそうです。





ランチは3種類。
「サラダ、本日のピッツァorパスタ、本日のジェラート、ドリンク」のAランチ850円(平日のみ)
Aにスープ、選べるデザートがついた、Bランチ1200円
さらに前菜盛り合わせ、デザートが盛り合わせになった、Cランチ1800円
他には新たに2500円くらいのコースも加わってました。


ブラザーメニュー


平日なので、Aがすごくお得なんですが、せっかくなのでBランチで!
この中からチョイスします!




まずはサラダ。


ブラザーサラダ0



そして本日のスープ
“野菜たっぷりミネストローネ”


ブラザースープ


確かに、そこにたっぷり色んなお野菜が入ってます。
しっかり味のトマトに、セロリの風味が効いて「イタリアを代表するスープ!」って感じ♪



さぁて、本場の石薪窯でやくピッツァは早いですよー!


一つをチーズベースのピッツァにしたので、もう一つはトマトソースベースに。
“ピッツァ ロマーナ”
(モッツァレラ+バジリコ+アンチョビのトマトソース)
気づいてみれば前回もこのピザチョイスしてました(笑)


ブラザー01


2人以上でいけば、取り皿を持ってきてくれるのですごく助かります。


シンプルなのに、日本のいろいろ乗せたピザより明らかにインパクトのあるピッツァのビジュアル!


ナポリ風と言っても中央は、クリスピー並みに薄い独特な生地。


ブラザー11


やっぱまずは生地の存在感に驚かされます。
これほど薄いのにしっかり焼けた生地は歯に食い込む弾力、
縁はカリッと中は程よくオイルが染みてムチッとした食感!

噛めば噛むほど出てくる底味。
塩加減、小麦の旨みも一歩抜き出ているって言ってもいいくらい。


生地を主役に立て、モッツァレラのコク、トマトソースの酸味、バジリコ、アンチョビの香りと風味立ても一級品。




そしてB・Cランチのみ選択できるピッツァ!

“ピッツァ マルゲリータ ビアンカ”
(モッツァレラ+フレッシュトマト+バジリコの白いピッツァ)


ブラザー2


生地の香ばしさ、チーズの香ばしさ、バジリコの香ばしさ、異なる香ばしい香りの波状攻撃っ!!!


ブラザー33




ブラザー44


うめぇぇっ!!!!! 
モフモフ!もちーっと弾力のある伸びのチーズがたーっぷり!
コクが恐ろしいまでに口を支配する中、キラリと光るのがフレッシュトマト。

まさにフレッシュ、ジューシーに弾けてくれるすっきりな甘みには感動します!
バジルのフレッシュな香りもそれに後押し。



さらに、特製オイルをかければ、更にコクを増すインパクト。


ブラザー5


とにかく旨いに尽きる。
軽やかな食べ心地とその旨さについついパクパクいけるけど、後からの満腹感は相当なもの!



食後はホットコーヒーにデザート。


ブラザーデザート
“抹茶のジェラート”

しっかりした抹茶味に黒蜜がかかって純和風♪
さっぱりな中の渋味は、コッテリものの後にはホントいい!





ブラザーデザート2
“マスカルポーネのジェラート”

マスカルポーネといっても、チーズらしさは控えめで、さっぱりしたバニラアイスを食べてる感じ♪




自分はナポリは行ったこともなければ、イタリアでピッツァを食べたこともありません。
けれど、ナポリに行ってピザを食べたらこんな雰囲気だろうなぁってイタリア気分にさせてくれます♪

お連れ様も大満足だったみたいで、よかったよかった♪

今度はもう一軒感動した佐賀の「バッボ・ヴェローナ」にも連れて行きたいなぁ!



ちなみにこちらがその日の単品メニュー。


ブラザーメニュー2

単品は少し値は張りますが、そそりまくりのものばかり。
ブーマさんが食べてた“海老の土鍋焼き”も頼もうとしたんだけど、この日はなかったんだよ。。。



ブラザー03
決して広くはない厨房の中にある、大きな石薪窯は、
紛れもなくこのお店の心臓部。


お店の詳細は→前回の記事にて。

The Booze Brothers (パブ / 鳥栖、田代)
★★★★★ 5.0



関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。