スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日田の旅  ~歴史と文化と自然と、粋で雅な九州の小京都~

仕事もあったけど、休みはしっかり遊びまくったシルバーウィーク♪
前半は西へ佐賀は唐津方面へ向かい、後半は東へ。

次に向かうは、大分県日田市!

湯布院を考えてたんだけど、連休は超人が多そうだったので、手前の日田に。


日田00


水郷であり、小京都とも呼ばれる“日田”

ブログにも何度かアップしてますが、日田はすごく好きなんですよね~♪


筑後川流域温泉郷の三隈川沿いに、立ち並ぶ温泉街。
上質な水と豊かな緑から生まれたビール造りのサッポロビール工場。
そして、徳川幕府の天領として栄えた町並みを残した、豆田街のレトロな街歩き。

決して派手じゃなく、どちらかと言えば地味な観光地なんだけど、
こういう伝統と自然があるところが好きになったのも、少しは大人になった証拠かな~。



まずは久々にサッポロビール工場へ。

日田001

「日田天領水」で知られる水郷日田だけあって、
美味しい水で作るビールはそりゃ~美味しいよね♪




サッポロビールのブランドに「ヱビスビール」がありますが、
実は東京の恵比寿という地名もこのビールから生まれたんだってよ!



前身の日本麦酒醸造会社が、東京工場で1890年に発売した「恵比寿麦酒」がバカ売れして、
その流れで今の恵比寿に。
今の恵比寿があるのも、ビールがあったからなんだね(笑)



そのヱビスビールのシンボルであり、商売繁盛の神である恵比寿様の像が敷地内にあります。
絵馬やおみくじは来るたびに毎回やるけど、今回初めてこんなものがあったとは!


日田05
池の中にいる恵比寿様のかごにお金が入るかな~~?

これが中々難しくてね…

結局入らずじまい。゚(゚´⊃д・`*)゚。+。ェ-ン






日田04
見学できる併設された工場。


時間の都合上、工場見学はしませんでしたが、
ここはビールに試飲もできるんだよね~





工場内にあるレトロタウン。


日田0


サッポロビールの歴史は、日本のビール産業の歴史。

昭和の雰囲気そのままを再現したこのノスタルジック空間。

再現度も見事でタイムスリップした気分がね(笑)




まぁここは何度目かの訪問なので、簡単に味わって、お土産買ったらいざ次へ~

某お店で、ランチを済ませ、午後から向かうは、やっぱり日田市の中核、豆田町。




日田08



歩く度に歴史の流れと懐かしさをおぼえる町。



日田06
祖父母へのお土産に、
日田で羊羹といえばこのお店。

『赤司日田羊羹本舗』

昼過ぎなのに、品薄状態…
ぎりぎりセーフでゲットできてホッと。



日田07
『寺子屋本舗』前回の記事


今日はお持ち帰り用の袋入りぬれおかきを買って帰って…



あまりに愛想のいいおじいちゃんに釣られて入店した葛のお店で…


日田09
『水の里製菓』
「本葛・抹茶・小豆・生姜・櫻」。
いろんな種類の葛湯を試飲させてもらって、これには感動!!!

生姜と季節限定の櫻を自分用に♪





そして、やっぱり絶対もう一度行きたかったのがこちら。
前回ヒジョーに感動を覚えた「豆田ロール粋-sui-」。→前回の記事


日田02


店員さんも覚えててくれて、今日はナイショのサービスまでしていただきました♪
今回はシンプルなプレーンロールを買ったけど、やっぱ存在感はチーズロールが上かな☆




午後から雨が降り出したので、回る場所は限られましたが、やっぱ日田の空間っていいなぁ♪
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。