スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我楽房  ~素材へのこだわりが、心に響く味を生む! 週末のみの石窯天然酵母BIGパン~

もう数年前からずっとずっと気になり続けたお店・・・
もう夢みたいだよ!


燦燦と降り注ぐ木漏れ日。 やわらかな作品を温かく照らすその光。
太陽のまぶしい光と、木に反射したやさしい光とのコラボレーションが、誘う幻想の世界。


我


作品だけでなく、建物全てが手作りというこの空間。
時間は止まり、そこにあるものが動くような・・・非現実的な不条理な感覚。

右下の写真の中にあるのは、
「樹齢500年以上もある巨木を5年以上かけて作り上げた木彫りのスピーカー」


とにかく世界のスケールが違うこの土地に今日のお店があるのです。




金・土日・祝日のみオープンの石窯天然酵母パン工房。


「我楽房 (がらくぼう)」 →MAP


我8


原点は自給自足のライフスタイル。
「自分たちが食べるものだから、安心・安全なパンにこだわりたい。」

パンになる原料はもちろん、パンを焼く窯までとにかく、こだわり尽くしたまさに手作りパン。

そんなオーナーのこだわりと大志が、我楽房のパンと昇華する!!

場所は、佐賀県の厳木という場所。

通りから山道を登っていき、離合も難しいような狭い道をひたすら進めば到着。
まさに山奥に潜む隠れ家ベーカリー!



我2


そもそも、なぜこんな立地か?
元々はパン屋さんではなく、陶芸や木彫り、絵画などを本業に、
農業や動物飼育をしながら生活されてたオーナーさん。


「一から全て自分で作ったパンを食べたい」という想いから、本来自分たちの為だけに作ったパン。
このパンを口にした人から口コミもみるみる広まったわけで。




手作りの石窯を用い、1000度以上の高温で焼いた自然石の余熱だけで焼き上げるという独自の製法。
もちろんパンに使う食材も自ら畑で育てたもの。
数年かけて独自に開発した何種類もの天然酵母に、一切の添加物なし。

驚いたのが、こちらのパンには砂糖も一切使われていないということ!


いやぁ、現代離れしたまさに自然との共存パン。




入り口を入れば正面にカウンター。


我4


ひっそりと並ぶパンが、こりゃまたすごいのだ~!!!

この日はもう夕方近かったのに、まだ残っていただけでもラッキー??


我0


これだけではわかりにくいですが、ビッグライトで大きくしたくらい、でっかいパン!
一つ一つが1キロ近くにもなるそうです。


後ほどパンのメニューは紹介しますが、この日残ってた数種類。
・幡随院長兵衛・・・塩味ゴマ風味  ・ぼくたん・・・和大豆・ゴマ・雑穀 
・じゃぱん・・・米・ヒエ・粟・麦・キビの完全無油脂の五穀パン
・しんぼう・・・自家菜園完全無農薬野菜 ・三味一ぱん・・・ゴマ・フルーツ・大豆

サイズもビッグですが、一本の価格も1050円と1575円など。



いろいろ試したい気持ちは山々ですが、ハーフもなしの一本売りのみなので、
その一種類に絞る!!


選んだパンは和大豆・ゴマ・全粒粉の“ぼくたん”(1050円)。 (名前が面白かったので笑)
「ばくだん(爆弾)、下さい!」って言ったら、「すいません、ぼくたんですね~」  恥ずかしすぎ(汗)



超ビッグサイズーーー!!!しかも重さもずっしり、超重量級!!!


我3


お持ち帰りして・・・




まずはそのまま、バックリちぎって。


我5

んん??!! んんんっ!!!!

まずはその食感。
ふわふわ系でももちもち系でもなく、ギュッと詰まった生地はこれぞ我楽房食感?!
最小限の膨らみで、粉の密度感の高さ。 でもキメが細やかですんごくしっとり♪
こんなにずっしりみっちり詰まってるのに、口中にまとわりつくような、水分量で全然食べやすい。


そして味ですよ!
普段のパンがいかに砂糖に頼ってるかがわかります。
ストレートに一口目から感じる甘みはないんです。

でもこれこそ噛むほどに、にじみ出てくるしみじみとした甘み。
そして、普段はここまで感じない、深みの域に襲われる・・・

全粒粉の滋味、ゴマの香ばしさ、そしてワインに漬け込んだという和大豆がナッツのようなコク。
シンプルなんだけど、素朴さを超えた奥行きのある深~い味わい。

貧相な自分の文では、語ろうとも語りきれないよ~。




次の日はトーストして・・・

トーストすると小麦の香ばしさだけでなく、
大豆・ゴマ・全粒粉全て、あの炒ったときのような香ばしさ♪


我6


うーん♪いいかおり~♪



そのままの時と、また違った変貌を見せるトースト。

素材の旨みと酸味が膨らみをまして、それ自体のインパクトのある香りが際立ってます!


我7


そして外はカリカリ。中は、キメ細かい生地から水分が抜けてさっくさく。

甘みというより、粉の風味や香ばしさが一層顔を出す!

水分の飛んだ生地に一切れのバターがじゅわじゅわっと染みこんで・・・
これもまた至福のひと時♪



こちらのパンは常温で2週間は大丈夫のことです。
正直こんなに大きなパン食べきれるの?!って感じでしたが、無意味な心配でした。。。
日が経つにつれ、質が劣るどころか、香りが熟成していくんです。


こちらが我楽房の全メニュー。


我9


全てこだわりの素材で、作りぬいた逸品ばかり。


食の安全が問われる世の中。 毎日食べるのもだから、大事な家族のためだから。

『体にやさしく、おいしいパン』は本当に有難いです。

自分も含めて、なかなかお店に行けない方にも、ネット通販が用意されてます。
「我楽房」ネットショップ


我10
→この看板を目印に左折して、山を登っていってください!

『石窯パン工房 我楽房』
住所 佐賀県唐津市相知町大字楠175
電話 0955-63-4492
営業時間 10:00 ~ 18:00
営業日 金・土・日・祝祭日(店舗)
水~日曜(通信販売受付日)

我楽房 (パン / 厳木)
★★★★ 4.5



関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。