スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Petit Ami (プティ・アミ) ② ~五感で幸せを感じるケーキ~

先日こんな言葉を目にしました。 「ケーキは究極の嗜好品」
なんとなく、食べたい時に食べるケーキ、確かに食事と違って食べなくても生きていけるものなんですよね。

だからこそ食べ手が求める普通の食事にはない満足感、作り手もそれに応える知恵と工夫の難しさ。

目で癒され、鼻で酔い、舌で唸らせ・・・自然とこぼれる「幸せな笑顔」。
これぞケーキがもたらすパティシエのかける魔法。

美味しいケーキは、五感全てで堪能するものなんだと実感します。



場所を問わずに“どこのお店のケーキが好き??”と聞かれたら、
現時点では間違いなくこのお店の名前を挙げます。


本日は季節限定タルト、“いちじく”

プティ01

福岡県は宗像市! 「Petit Ami (プティ・アミ)」前回の記事

この前に「やまもも」でデザートを食べなかったのもここのため!


アレレ~?? 今日は何だか幸せムードムンムンだぞ~♪

プティ2

そうです!! 入籍おめでとうゴザイマース!!!

お店で一緒に働く素敵な女性と結ばれて。 あー自分も素敵な女性と結婚したいなぁ。

同じケーキを愛するお二人だから、パートナーシップは完璧でしょう。
美味しいケーキでその幸せ、お裾分けして頂きました♪
お店の詳しい詳細は前回の記事をご覧ください。

本物のケーキはみるみる内に口コミが広まり、先日某テレビ番組にも出て、ホントお客さんが多くなっててビックリ!



相変わらず素敵な異空間です。

プティ3

ショーケースに並ぶケーキも全て美しい~!!

プティ00



今回は行く前に取り置きしてもらってたお目当てのものを♪
前回も食べたんですが、夏限定“ピーチルージュ”(520円)、
そして前回食べ損ねた“モンブラン”(380円)。


プティ22




まだ時期的に早い桃も、白みを帯びてますが、桃丸ごとはさすがの存在感!
繊細で、気品さえ感じるほどに綺麗で美しいこの表面のツヤ。

プティ9


スーーッ、ザクッ!とフォークを入れれば桃の柔らかさとタルト生地の堅さのコントラスト!

とろけるような食感を持ちながら、緻密な果肉は確かな食感、、そしてうっとりするようなな香り。
口いっぱいにほとばしるジューシーな果汁も、あくまで主張は控えめで上品な甘さ。

この桃の繊細な甘さを殺さないように、逆に甘さを控えてコクをプラスするクリーム。
改良されたというタルト生地が香ばしい風味と食感、そして余韻に残るアーモンドの香り。


桃、クリーム、そしてタルト、それぞれが高め合い渾然一体となって、本当に絶妙のバランス♪




そしてケーキの中でも大好きなモンブラン!
これがまた想像以上に濃厚な味!

プティ11


まったり、ねっちりと濃厚なマロンクリームは、舌触りにザラザラ感が残るほどの栗感!
フランス栗を使用されてるとの事で、日本の和栗とはまた違ったコックリとワイルドなそのエレガントテイスト。

そこに軽い食感ながらも、乳脂肪を凝縮したようなシャンティクリームと、アーモンドの風味しっかりの土台はダックワース。
でもこのシャンティとダックワースが驚くほどエアリーで軽やかなテクスチャー。


味わいはしっかり濃厚でしっかり甘い、フランス菓子の面影を十分に纏いながらも、
食感の「重」「軽」のおかげで、単調さを感じないのがさすがと思わせる職人技!




さてさて後半戦。
一年を通して旬ごとに季節のタルトが出されるみたいですが、この日は“いちじく”(420円)。
そしてもう一品は、シェフが試作といって出してくれた“改良オペラ”

プティ6


まずはいちじく! まさに生のフレッシュさ!
スライスいちじくはトロッと柔らかくってプチプチの大合唱~♪

何の仕事がされてるんだろう?? あのいちじく独特の香味は抑えられてて、ほのかなあっさりした甘み。
いちじくがちょっと・・・という方も、ズバリ食べやすいいちじくの手入れ方。



プティ7


そして、これがピーチルージュ同様、最近変わったという「タルト生地」です。

そんなに食べ比べれるほど食べたわけじゃないので感覚的な印象ですが、
以前よりしっかりに感じる焼きこまれ方!

外はザクッと香ばしく、中はしっとりと風味豊かなコク、この対比がはっきりしてて、
フルーツの溢れる果汁を受け止めても、口の中で最後まで食感が残ってるのはお見事です。

バターもアーモンドも効いててこのタルト生地だけでもすごく美味しい!



さてさて最後の一品が、シェフが試作として出してくれた“オペラ”。
以前のよりコーヒーの比率を高くしたという改良オペラ。

プティ8


相変わらず、眺めていたくなる美しい層。

↓こちらが去年の11月にいただいたオペラ。

プチ7



その時も言いましたが、他のケーキに比べて「味の厚み・小さな一口が大きく強い味わい」は秀でてます。

みっちり詰まったケーキが前より瑞々しさを増して、コーヒーのビターがガツンと効いてます!
濃厚な甘みの後に、コーヒーの芳しい香りと苦味が後から後からグッと余韻を残していく。

さらに大人テイストが増したこれぞ「大人と子供のボーダーライン」的なケーキかもね~




あー、近くだったら本当に通い倒したいケーキ屋さん!
ここのケーキはお持ち帰りするというよりその場で食べるのが一番なフレッシュで繊細なケーキなんです。

プティ000


シェフと奥さんの二人三脚のケーキ作り。
数々の賞を受賞したとは思えないほど、話すだけで気持ちよくなる接客なんです。
自然と出るお二人の笑顔は、こちらの肌にもしみじみと伝わってきます。

飲食店の中でも、やっぱりケーキは楽しく気持ちよく食べれるのが一番!

また、ケーキに会いに、お二人の会いに、その日を楽しみにしてます♪

プティ・アミ (ケーキ / 教育大前、赤間)
★★★★★ 5.0

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。