スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸一そば屋  清流球磨川と人吉の里で生まれた名物“かしわそば”

先日楽しんできた、人吉グルメ!!まだまだ続くぜ★

あんな豪快なうなぎを食べたのも11時前だったので胃袋の余力も少しずつ復活!

それにしても、この辺りはまさにグルメの密集地帯。

うなぎの上村にしても、ケーキのラッキーブランチにしても。
そしてラッキーブランチの斜め前にあるこちら! よしっ、蕎麦だ!!


丸一0


「丸一そば屋」MAP


このお店も今回の課題店! 
そりゃーー待ちは絶対。 この時も入り口で少し待ちました。
でもこの味なら待ってもいい!って思える美味さだったなぁ。
明治31年創業、もう100年以上も営業し続けてるうどん蕎麦屋さん。

外観からも、内装からも、そして店員のおばちゃんたちからも・・・老舗の老舗もいいところ!


ランチタイムすぎにもかかわらず満員で、少し外で待って入店♪

メニューはうどんとそばのみ。 

丸一2




まさに学生時代の大衆食堂を思い出すこの懐かしさ。

丸一
テーブル席と、小上がりの机も味のある木製で、一段高い所で鳴る小型テレビ。

肩を寄せ合うテーブル間の狭さもなぜかアットホームな一体感で不思議な空間。


でもでも、こんなお客さんも店のおばちゃんたちも人情味に溢れた方ばかりだと・・・


これだとブロガーは少々困っちゃう(爆)

もうカメラを出せば、撮影許可を快くOKしてくれたおばちゃん達も興味深深でジロジロ・・・
お客さんの子供たちもピースピースの嵐・・・

ハイ、思いっきりカメラの集中力奪われました無言、汗
思いっきりピンボケですが・・・ご愛嬌ってことで。。



蕎麦だけに少々時間がかかって登場!

かしわそば



一般的な一杯に比べるとグッと小ぶりな丼。
頼む人頼む人が普通に二杯ずつくらい頼んでたのが納得です。



この透明感のある中に旨さを秘めたビジュアル。

かしわそば2


じじじわわわわ~ぁぁん!!
一口飲めば、泣く子も黙るこのしみじみ感・・・

薄味なんてかけらもありません。 怒涛のごとく迫ってくる出汁。
鹿児島産の鰹節と北海道産の昆布から取ったという甘めながら雑味のない優しい味わい・・・

そこへさらに地鶏からのジュ~シ~な旨味が・・・

もうもうそばへ行く間もなく、グイグイ飲ませられます。


そして我に帰って、たどり着いたそばがまた美味いから・・・

かしわそば3
地元の蕎麦粉でその日の朝に毎日手打ちされるという蕎麦。

やや黒っぽい蕎麦からお汁の甘みの乗って浮き上がってくるそばの香り。

しっこしこでお汁と一緒に啜れる幸せ★





かしわそば4
まさに蕎麦と出汁とかしわの駆け引き無しの美味しさ!

“美味い”とは言わせても“マズイ”と言わせる要素は一切ないですね。


いやぁ、結構満腹だったのにまだまだイケそうでした♪
これこそ名店と呼ぶに相応しい名店です。




ハーイ、まだまだ後日、人吉ネタ続きまっせ~♪

『丸一そば屋』
住所 熊本県人吉市二日町7  電話 0966-22-3078
営業時間 10:30~17:00(16:30O.S.)  休日 水曜

丸一そば屋 (そば / 相良藩願成寺、人吉)
★★★★ 4.0


関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。