スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上村うなぎ屋   創業100年、鰻一筋!受け継がれる老舗の味

さてさて、ETCで1000円乗り放題~♪
で事で向かうは熊本ICを越えてさらにさらに南下・・・むっちゃ遠かったぜーー!!

熊本県人吉市!

ここ人吉市は「九州の小京都」と言われるだけあって、風情ある町並みがたっぷり残ってます。
人吉と言えば温泉が有名ですが、、、、やっぱ食だ食!

うえむら


「上村うなぎ屋」MAP


人吉でうなぎと言えばここ!と言うくらい有名なお店。
ついに・・創業100年

今回もまた初体験のうなぎの三昧。 
行列必至、予約は不可という事で、気合入れていざ乗り込めーー!!

今回のドライブシリーズ、記事もボチボチ書いていきますので長丁場ですが付き合いくださいね♪
早く行くぞ早く行くぞと、気持ち高まる中、熊本ブロガーのユカさん朔さんが行っちゃってるよぉ!
もう我慢限界!!!


うえむら00
人吉ICから降りてすぐ、到着してこの老舗っぷり!

創業100年を誇るその歴史がひしひしと伝わってきます。

店内は後ほど。




朝10時からオープンというこちらのお店は、お昼前から満員御礼!
他県からのお客さんもたくさん来られてました。

「5~10日ほど真水の中で泳がせ、身が引き締まったものを注文を受けて捌くうなぎ。
創業以来受け継がれてきたうなぎの旨みが染み込んだタレ。
人吉・球磨の木炭を使って焼く炭火焼。」



メニュー!!!
ぜーーーーんぶ鰻!!! もはや味噌汁まで(笑)

うえむらメニュー


日田の「戸山うなぎ」で食べて以来、こちらでも気になってた湯引き。
でもこの日は作れないという事・・・・残念無念。。。


ならば!!!・・・・・ ならば??

「うなぎのきも」

うえむらきも


いや~臭くないです、まったく!

うえむらきも0
見た目食感は煮ダコみたいな感じですが、
口に広がる肝独特の苦味と甘辛いタレ・・・


クイっと飲みたくなります(笑)




で・・・「うなぎのかみしも」  んん??かみしも・・・上下・・・

うえむらかみしも


そう、頭と尻尾!!
うえむらかみしも0
リアルです・・・

主役となる腹身に捨てられがちなこの頭と尻尾、これも抜群!

しゃぶってはコラーゲンの皮や締まった身に出くわすと嬉しいです(笑)

胡麻がいい香ばしさ!




うなぎってホント頭から尻尾まで捨てるところなし! 珍味をじっくり味わった後は・・・

メインは3人、別チョイス!

マイチョイス!! 「鰻めし」  思い切って2900円の高い方を!

うえむらうなぎめし


鰻の蒲焼き7切れに大盛りご飯、そして肝吸いと香の物。

うえむら鰻めし3


写真以上にずっとずっと迫力あります!! 超重量級!


そして一人は「うな丼」  これまた一番高い2000円。

うえむらうな丼


うなぎは上だけじゃないぞーーっ。 隠れとりまーす!

うえむらうな丼3


もう一人は「うな重」  2900円!

うえむらうな重0


こちらももちろんミルフィーユ状態に中にもしっかり!!




まず驚いたのがこの鰻の肉厚さ!!!ブブブ厚いっ!!!
表面はこんがり香ばしく、中は肉厚で、ふっくら、柔らか~。
脂ノリノリなのに口の中でじゅわっとこみ上げてては、トロ~っと溶けるその引きのよさ。。

味のある白身はコクがあって旨みはクリーミー、皮はパリッとでも蕩けていく上質な脂。。


食べ慣れた柳川のせいろ蒸しと違って、蒸しのないこの蒲焼きは、
「身」も「皮」もしっかり存在感を放って、脂もカッチリ・・・もはやマッスル級!

甘辛いタレも結構濃い目で、うなぎのこのインパクトがあれば、ご飯も白が一番合う気が。
うな丼やうな重は、どうしても後半食べ疲れてくるので、ご飯が別になった鰻めしが個人的にはピッタリ★

いやーーボリューム・味・インパクト・・・全てにおいて“GREAT!!!”
一度食べたら脳裏に焼きつく、うなぎでしたぜ!

うな丼とうな重のはっきりした違いはわからなかったですが、うなぎの質や、焼き方が若干うな重の方が上のランクかなと。


さてさてこちらお店。
間口こそ狭いですが、奥に奥に長く続く店内。
これも通りに多くの家屋を建ち並ばせるための昔ながらの「町家造り」の名残かな。

迷路のように続く廊下はまさに“鰻の寝床”

うえむら0


しっかりした木組みでがっちり作られ、廊下は足元に石が敷き詰められ、役目を果たしてきた器たちや民具が要所に置かれ、ずっしりと何とも言えない古い格式を感じます。

囲炉裏のテーブルに、鰻の香ばしい香りは、もうたまらないシチュエーション。


うえむらオーナー
店の雰囲気にも、仕事ぶりや接客にも、そして供される鰻にも全くごまかしがなく、全てがピッタリ一つになったお店です。

“素朴な風情に浸りながら、歴史を感じ、旨いうなぎを味わう。” 

とても素敵なお店でした♪


『上村うなぎ屋』
住所 熊本県人吉市紺屋町129  電話 0966-22-3312
営業時間  10:00~15:00 、17:00~21:00   休日 不定休

上村うなぎ屋 (うなぎ / 人吉、相良藩願成寺)
★★★★ 4.5

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。