スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寺子屋本舗 ~せんべい片手に街並み散策~

地鶏でお腹も満たした後は日田のもうひとつのお楽しみ♪

日田インターから約10分のところにあるのが豆田町

日田6


日田は、江戸時代に幕府直轄の天領地として栄えた城下町です。

全国に約50ケ所の天領の中で、特に重要な全国4つの天領のひとつとして、九州の政治・経済の中心、そして交通の要所にもなっていた日田。
そんな中、豆田町は全国各地の大名や商人たちで賑わい、商家町と変遷していったわけです。

豆田町には今でも、味噌や醤油、造り酒屋などの商家や蔵屋敷が建ち並んでおり、約400前の町割、水路などもそのまま残った情緒溢れる街。


歴史を感じながら、往時を偲ぶ街歩き。
豆田を歩きながら、必ず寄るのがこちらのお店!

寺子屋

「寺子屋本舗」MAP



昔ながらの製法で焼き上げる手焼きせんべい専門店
何種類あるの?!ってくらい豊富なそのせんべいの種類!

でも、やっぱり食べ歩きに頂くは「串に刺さった~おかき~♪」
こちらの手焼せんべいの「寺子屋本舗」。
今回調べて初めて知ったんですが、本社は京都にあり、全国に42店舗もあるんだっ。

HP見てみると、北は北海道、南は熊本まで全国どのエリアにもあるじゃないですか!

九州ではここ豆田町と大宰府、湯布院に黒川。

どおりで、今まで九州内でもどこかしらで見かけるなぁって思ってたら・・・
皆さんご存知の方も多のでは?! ならば話は早い。


お店の前を通れば、誰もが一旦立ち止まってしまうガラスのショーケース。
初めての方は「焼き鳥?いや串焼き・・・?」って思うかも?!
でもこの店はおせんべい屋さんなので、んなわけありません~。

寺子屋2


ハーイ、全ておせんべいでーす!
普段こんなにたくさんのせんべいを一度に見ることありますか?! (ミ○ドに来たみたいだよ。)


現在の一般なせんべいの主原料はコスト上、小麦粉・米粉等が多いですが、
寺子屋本舗では国産100%餅米で“もち焼きせんべい”と呼ばれてます。

他にもタレや製法などにも並々ならぬこだわり!(詳しくはまたまたHPにて。)

特製の昔づくりせんべい、さすがはまた京都のお店だけある~!


でもせっかくここで食べ歩くなら外せないのが“自然薯入りぬれおかき”
定番の“醤油(200円)”と“有明海苔(230円)”

寺子屋4


参道を歩きながら食べるのもよし、店舗内には無料でお茶も用意してありますので中でゆっくり食べるのもよし。
最近スーパーなんかにもぬれおかきが出回るようになりましたがそれとは比べ物にならないっ。

ぬれ


おかきなのに、やわらかい。 初めて食べたときはそりゃ~もう衝撃で。

外はおかきのバリバり感、中はお餅のネッチリモッチリ独特の噛み応え!
おかきとお餅を合わせたような独特食感。

濃い目の甘辛いタレがよー染みてて、これが歩いて疲れた体を癒してくれます(笑)
散らしてある海苔が、飾りだけかと思いきや、思いのほかしっかり磯の香り~♪

腹持ちもいいし、この町並みを歩くにはピッタリの小腹満たしのお友です★


お店の中にはたくさんせんべいの単品やセットが用意してあります。

寺子屋3


せんべい好きの祖母には、ここで色んなせんべい買って行ってあげるとすごく喜ぶんですよね♪

気になる方はWEBショップでもご覧くださいね。

寺子屋5
『寺子屋本舗 日田豆田店』
住所 大分県日田市豆田町9-8
電話 0973-27-6166
営業時間 9:00~17:00
休日 なし




それではほんのちょっぴりですが、豆田町を紹介♪

時代劇の中にでもいるかのような・・・

日田7


日田と言えば、そば粉の生地に栗が丸ごと1個入った“栗そば饅頭”が有名で、
これを始め色んなお饅頭があちこちでも売られています。

日田5


お饅頭・・・この湯気だけで財布の紐が緩みそう(爆)


こちらも豆田町だけではなく全国的にも超有名!!
「日田醤油 本店」

日田


天皇献上の栄誉を賜ったという、高級味噌醤油醸造元。
その歴史はなんと170年!!

最近お店が改装されたらしく以前の店舗の向かいに新しく生まれ変わってます。

日田2


さすが、味噌と醤油の種類がまず半端ないです!
どれも試食させてくれるのですが、どの味噌も醤油もレベルが高すぎてこれって言うのが選べないくらい・・・

これをお土産に買って帰って喜ばない人は絶対いないですよ。


そして日田では名物、ひつまぶしならぬ「日田まぶし」
数ある日田まぶしのお店の中で、まず名前が上がるのがこの「千屋」。

日田3


名古屋のひつまぶしのアレンジですが、その違いは薬味
ひつまぶしは「わざび、ネギ」に対して、日田まぶしは「わざび、ネギ、柚子こしょうに大根おろし」の4種類も。

まあまあワケあってここはスルー!


さてさて、こちらドーンと聳え立つ建物、「日本丸館」
この建物なんだと思いますか??

日田4


答え! 薬局でーす!!
県内最古の薬屋「岩尾薬局」。
明治20年に製造された「日本丸(にほんがん)」という薬が、何にでも効く特効薬として国内外で爆発的に売れ、この岩尾薬局は莫大な富を得たわけです。

その「日本丸」の名をとって、木造4層3階建ての資料館にし、
当時使用していた機械や医薬品、生活用品もそのまま残ってるらしいですよ。
国登録有形文化財にも登録され、展望楼からは日田の町並みが一望でき、「豆田の天守閣」とも言われているそうです。


いやぁ、もう何度も来てる豆田町ですが、今回こうやって記事にすることで今まで何となく歩いてた豆田町のことを色々学んでしまいました!

さてさて次回はここで紹介していないお店で買ったスイーツの紹介でーす♪
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Utility

ゲストブック

つばめの武勇伝★総合INFO★
・記事以外のコメント
・地域別カテゴリー
・グルメMAP

ご自由にお使いくださいね♪

地元筑後地方中心に福岡グルメを食べ歩き♪
気軽にコメントくださいね♪

楽天でお買い物♪

最近のコメント

おススメ!


プロバイダ月額料金が最大10カ月0円

リンクリンク!!

クリックでリンク集が開きます!
【美味しいお店、その他】


【美味しい料理】

ブログ内検索

モバイルページ

QR
携帯でもご覧いただけます♪

どーぞ、ご自由に♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

サイトポリシー

このブログのすべての文章の文責および著作権は、つばめに帰属します。 無断での、文章や画像の引用や転載はご遠慮下さい。

Google検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。